風俗勤務における経費について

風俗勤務では税金は自分で確定申告をしなければいけません。少しでも税金を抑えたいと思ったらその時に役立つのが経費です。収入から経費を引いたものが所得ですので、少しでも経費が計上できれば、所得を減らせて税金も減らすことができます。

経費として計上できるもの

風俗嬢がなかなか経費を考えたとき無理やり色々とこじつけることがあるのですが通らないことが多いでしょう。仕事と本当に関連しているのかどうか、それが関連していなければ経費としては認められません。風俗で仕事をしていて経費と認められるのはどのようなものがあるのでしょうか。

プライベートの私服は?

プライベートとして着用する私服、これも仕事に必要と言えば必要かもしれませんが風俗嬢の場合これが経費として認められるのかどうか、結論から言えばダメです。ドレスを着用して仕事をするという人がドレスを購入する場合にはそれは経費として計上可能です。しかし私服はプライベートの服ですので経費には認められないのです。

風俗嬢として経費として認められるもの

仕事で必要な衣装、仕事でお客さんと食事へ行くときの費用、仕事から自宅までにかかる交通費、髪の毛のセット等ヘアメイクにかかる費用、仕事でしか使用しない携帯電話、パソコンなどは風俗の仕事をしていても経費として可能でしょう。税務署で申告をするときに、これがどのように仕事と関連しているのかと聞かれることもあるかもしれませんから、その時に答えられるようにしておかなくてはいけません。答えられない場合にはいくら自分にとって仕事に関連しているお金だといっても通してもらえないので気をつけましょう。仕事で使用しているということを全面的に証明する必要があるのです。

関連する記事