風俗勤務と税理士への相談について

風俗勤務で税金について分からないことがあるのであれば、税理士に相談してみるのもいいかもしれません。税理士に相談をしてみれば、分からないことも解決です。ですがなんでもかんでも相談するというのはよくありません。

相談すべきはこんな人

どんな人でもわからないから、わかろうとせずに相談するというのはあまり良いことではないでしょう。風俗の仕事というのは帳簿をつけるだけでいいですし、それほど確定申告が難しいことではないので、やろうと思えば自分でもできることなのです。ただ日々書いておくのかおかないのか、それだけの問題といってもいいでしょう。面倒だからといって後で溜め込んでから誰かにまるなげするというのは迷惑ですね。税理士に相談すべき人というのは対象がある程度限られてきます。

こんな人は相談したほうがいい

例えばどのような人が相談をしたほうが良いのでしょうか。例えば売上が年間一千万以上あるという人は相談したほうがいいでしょう。そして税務署から税務調査の連絡を受けた人、急激にこれまで以上に所得が増えてしまった人は、自分では少し難易度が高い深刻になりそうですので税理士の力を借りたほうがいいかもしれません。

税理士に依頼する時は

税理士に依頼するときは年間契約での依頼もあれば、単発でその時期だけ依頼することができる場合もあります。確定申告の時期だけで良いというのであれば、確定申告の時期だけ依頼してみるといいでしょう。無料で相談に乗ってくれる窓口等もありますので、風俗勤務だからと躊躇しないで、きちんと税金対策はしなければいけませんから、相談をするようにしましょう。いい加減なことをしていると後で痛い目に遭うかもしれません。

関連する記事